パート1ワクチンについての真実– COVID-19も廃止したいのですが、あなたは私に何を注射するつもりですか?!

October 21, 2020

COVID-19は確かに2020年にその痕跡を残し、国境が再開し、経済が繁栄し、そして最も重要なことに、私たち全員が健康になり、通常の非社会的距離に戻ることができるワクチンを作成する競争が続いています。生きています。

この19部構成のシリーズでは、いくつかの神話を暴き、ワクチン全般、特にCOVID-XNUMXワクチンに関して生じた懸念のいくつかを和らげることを目指しています。 この最初の部分では、ワクチンが何でできているか、そしてそれらがどのように機能するかを詳しく見ていきます。

ワクチンとは?

ワクチンは、病原体(病気の原因となる生物)の影響に対する保護を提供します。 各ワクチンは特定の病原体に対して作用するため、ワクチンを接種すると、問題の病原体に感染した場合に、症状が軽度になり、病気の期間が短くなります。 基本的に、あなたの免疫システムは以前に(ワクチンの形で)この病原体に遭遇したことを覚えており、行動を起こし、感染の全力を経験することを防ぎます。

さまざまな形態のワクチンが利用可能であり、あなたの体が特定の病原体と戦うのを助けるように特別に設計されています。

ワクチンの成分

ワクチンの「有効成分」は抗原と呼ばれます。 これらは、標的病原体に関連する粒子です。 それらはあなたの免疫システムが抗原を認識するのを助けるアジュバント成分によって支えられています。 他の成分には、防腐剤または安定剤および充填剤または希釈剤が含まれる。 

ワクチンについて多くの都市伝説に反して、それらは、自閉症やアルツハイマー病などの状態を特異的かつ直接的に引き起こすマイクロチップ、追跡装置、または物質を含んでいません。

抗原

抗原は、ワクチンが作用するように設計されている病原体に由来する小さな粒子です。 これらのウイルス粒子と細菌粒子はさまざまな形で使用でき、ワクチンはそれに応じて分類されます。 

  • 生(弱毒化)ワクチン 病原体の生きているが弱体化したバージョンが含まれています。
  • 不活化ワクチン 病原体の殺されたバージョンが含まれています。
  • サブユニット、組換え、多糖類およびコンジュゲートワクチン 病原体の特定の部分が含まれています。
  • トキソイドワクチン 標的病原体によって産生される毒素を含みます。

生(弱毒化)ワクチン

これらは弱体化した(弱毒化された)病原体を含み、自然感染を模倣します。 これは、ワクチンが強力な免疫反応を引き起こし、XNUMX回またはXNUMX回の投与で生涯にわたる免疫をもたらすことを意味します。 残念ながら、そのようなワクチンは冷蔵しておく必要があり、冷蔵にすぐにアクセスできない地域での投与が困難になっています。 また、免疫力が低下している人には適さない場合があります。 生(弱毒化)ワクチンは通常、以下に対する免疫に使用されます。

  • はしか、おたふく風邪、風疹(MMR)
  • 水疱瘡
  • ロタウイルス
  • 黄熱病
  • 天然痘。

不活化ワクチン

これらは病原体の殺されたバージョンを含んでいます。 不活化ワクチンは、通常、生涯にわたる免疫を生み出すのに十分な強力な免疫反応を引き起こさないため、複数回投与する必要があります。 不活化ワクチンは通常、以下に対する免疫に使用されます。

  • 肝炎
  • 狂犬病
  • インフルエンザ
  • ポリオ

サブユニット、組換え、多糖類およびコンジュゲートワクチン 

これらのワクチンは、糖、タンパク質、または病原体のケーシング(キャプシド)を含む可能性のある病原体の断片を組み込んでいます。 これらのタイプのワクチンは、非常に標的を絞った免疫反応を引き起こすため、コミュニティの幅広い分野に投与できます。 しかし、病原体に対する長期の免疫を呼び起こすために、それらはしばしば反復投与(ブースター)を必要とします。 サブユニット、組換え、多糖類、およびコンジュゲートワクチンは、以下に対する免疫に使用されています。

  • 帯状疱疹
  • Hib(インフルエンザ菌b型)
  • HPV(ヒトパピローマウイルス)
  • B型肝炎
  • 肺炎球菌疾患
  • 髄膜炎菌性疾患
  • 百日咳(DTaPワクチンの一部として)。

トキソイドワクチン

これらのワクチンには、免疫を作り出すために病原体によって生成される毒素が含まれています。 免疫反応は毒素を標的としているため、病原体全体ではなく、病原体の病気の原因となる部分に対して免疫が引き起こされます。 これらのワクチンでは、毒素は安全に作られていますが、それでも抗原性があり、通常、アジュバントとして機能するアルミニウムまたはカルシウム塩に吸着されます。 トキソイドワクチンは、以下を防ぐために作成されました。

  •  ジフテリア
  • 破傷風。

開発中の新しいタイプのワクチンには、 DNAワクチン 強力な長期免疫を生み出し、 組換えベクターワクチン 自然感染と同様に作用し、病原体に対する免疫を呼び起こすのに効果的です。

チメロサール、水銀、ミョウバンなど。 

これらは、いくつかのワクチン情報シートに記載されている「怖い」成分を構成するアジュバント、防腐剤、安定剤、希釈剤です。 あなたはおそらく彼らがそこにいるのか疑問に思っているでしょう。 彼らが何をしているのか詳しく見てみましょう。

一部の親は、情報シートに記載されている恐ろしい成分を含むワクチンを投与することによって子供を傷つけることを心配しています。

アジュバント

ミョウバンまたはアルミニウムはアジュバントとして作用し、一般的にワクチンに少量含まれています。 多くの場合、それは特に水酸化アルミニウム、硫酸アルミニウム、および/または硫酸アルミニウムカリウムとして存在します。

ワクチン(抗原)に含まれる病原性粒子や毒素は、特定のタンパク質や糖を分離するために弱められたり、殺されたり、細かく砕かれたりするため、アジュバントが必要です。 アジュバントがなければ、免疫系はおそらく抗原に気付かないでしょうし、気づいたとしても、問題はかなり迅速に処理されます。 その結果、病原体に対する免疫を達成できない可能性があります。 

アジュバントは免疫系のネオンサインのように機能し、異物の存在を警告し、免疫系がその(比喩的な)お尻から降りて、体に入ったばかりのものについて何かをする必要があることを知らせます。

そして、アルツハイマー病を引き起こすこれらのミョウバンまたはアルミニウム成分はどうですか? アルツハイマー病の進行に対するアルミニウムの影響については多くの矛盾する報告があり、研究者はアルミニウムがアルツハイマー病に直接寄与することを決定的に示すことができませんでした。 このバイオメタルの5日の摂取量の約XNUMX%が飲料水を介して発生していると考えると、ワクチンを介して受け取った量は比較すると見劣りします。

防腐剤と安定剤

チメロサール(水銀ベースの防腐剤)は、特定のワクチンに使用されています。 水銀の摂取は健康に有害であることは周知の事実ですが、なぜ科学者が水銀をワクチンに入れるのか不思議に思うかもしれません。

答えは簡単です。 防腐剤と安定剤は、ワクチンの安全性と安定性を維持する上で重要な役割を果たします。 ワクチンは、製造業者から医師または地域看護師、そして患者に届くまで十分に長く持続する必要があるため、安定性と汚染のないことがワクチンの重要な特性です。 冷蔵が利用できない地域では、ワクチンの効果を維持するために、室温で安定した状態を維持するワクチンの能力が特に重要です。 

チメロサールは、真菌や細菌によるワクチン容器の汚染を防ぐために特に機能します。 さらに、ワクチンの典型的な用量に含まれる水銀の量は最小限です。 実際、マグロの缶詰に同じ量の水銀を摂取することになるでしょう。 また、それは天然に存在する水銀とは異なって代謝されます。 

ワクチンのもうXNUMXつの重要な特性は、取り扱いの容易さです。 ワクチンは、患者に投与できるように、到着した容器から簡単に抽出する必要があります。 油や糖は通常、ワクチンの貯蔵寿命を延ばし、容器の側面に付着しないようにするために安定剤として追加されます。これにより、必要なすべての抗原とアジュバントをXNUMX回の投与で得ることができます。

その他の成分

ワクチンには、滅菌水や生理食塩水などの希釈剤や充填剤も含まれています。 これらは、免疫に必要な少量の抗原とアジュバントが、医療従事者が簡単に取り扱い、効果的に投与するのに十分な量で送達されることを保証します。

卵タンパク質やホルムアルデヒドを含むワクチンについて聞いたことがあるかもしれません。 これらは、ワクチン製造プロセスによって残された残留成分です。 それらは通常、たとえあったとしてもごくわずかな量でしか存在しません。 

ワクチンはどのように投与されますか?

ワクチンは通常、経口投与(つまり嚥下)または静脈内投与(注射針を介して)されます。 免疫系はすぐに反応するかもしれませんが、免疫を達成するのに通常10〜14日かかります。 注射部位周辺の発赤、倦怠感、またはワクチン接種後のわずかな発熱は、正常に機能していることを示しています。

群れからの助け:群れ免疫は、十分な数の人々がワクチンを接種したか、特定の病原体にさらされたときに発生します。

群れの免疫とは何ですか?

集団免疫は、コミュニティ内の十分な数の人々がワクチンを接種したか、病原体にさらされたときに達成されます。 集団免疫を達成するために必要な曝露の正確な割合は、標的となる病原体に大きく依存します。 オーストラリアでは、さまざまな病気に対する集団免疫を達成するために、人口の95%が特定のすべてのワクチンを接種することを目指しています。 

集団免疫が達成されると、病原体が広範囲に感染するリスクはほとんどなく、予防接種を受けた人は、病気になったとしても、症状が軽くなり、病気の期間が短くなります。 これは、脆弱な人々(乳児、幼児、高齢者、病状のある人々、または免疫不全であるか、病状のために一部のワクチンを接種できない人々)が保護されたままであることを意味します。

このシリーズのパート2とパート3でワクチンの詳細をご覧ください

このシリーズの第3部では、ワクチンがどのように設計および開発されているかを詳しく見ていき、第19部では、COVID-XNUMXワクチンの設計の課題を具体的に見ていきます。 

質問をお持ちですか?

これらおよびその他の有害物質の安全な取り扱いについて質問がある場合、またはアドバイスが必要な場合は、 今日Chemwatchチームに連絡してください。 私たちのフレンドリーで経験豊富なスタッフは、長年の経験を生かして、安全を維持し、安全衛生規制を遵守する方法に関する最新の業界アドバイスを提供します。

ソース:

https://www.health.gov.au/health-topics/immunisation/about-immunisation/are-vaccines-safe

https://www.webmd.com/children/vaccines/immunizations-vaccines-power-of-preparation#1

https://www.vaccines.gov/basics/types

https://www.health.gov.au/resources/publications/what-is-in-vaccines-fact-sheet

https://www.health.gov.au/sites/default/files/what-is-in-vaccines_0.pdf

http://www.observatoriobioetica.org/wp-content/uploads/2017/01/Is-it-true-that-there-are-vaccines-produced-using-aborted-foetuses1.pdf

https://www.health.gov.au/health-topics/immunisation/childhood-immunisation-coverage

https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/coronavirus/in-depth/herd-immunity-and-coronavirus/art-20486808

https://www.omicsonline.org/aluminum-and-alzheimers-disease-an-update-2161-0460-1000118.php?aid=16579

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3056430/

https://vaccine-safety-training.org/toxoid-vaccines.html#:~:text=Toxoid%20vaccines%20Toxoid%20vaccineA%20vaccine,(e.g.%20tetanus%20or%20diphtheria).

https://www.cdc.gov/vaccines/basics/test-approve.html#:~:text=Clinical%20development%20is%20a%20three,the%20new%20vaccine%20is%20intended.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0264410X16309173

https://www.abc.net.au/news/health/2020-04-17/coronavirus-vaccine-ian-frazer/12146616

https://www1.racgp.org.au/newsgp/clinical/cautiously-optimistic-australian-coronavirus-vacci

https://vaers.hhs.gov/

https://www.health.gov.au/health-topics/immunisation/health-professionals/reporting-and-managing-adverse-vaccination-events

https://www.health.gov.au/health-topics/immunisation/getting-vaccinated/after-your-visit

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public

https://www.fda.gov/vaccines-blood-biologics/safety-availability-biologics/thimerosal-and-vaccines

https://www.chop.edu/centers-programs/vaccine-education-center/vaccines-and-other-conditions/vaccines-autism