23年2019月XNUMX日速報

今週特集

ジベンゾフラン

SoDibenzofuranは、分子式C12H8Oの複素環式有機化合物です。 中央のフラン環に1つのベンゼン環が融合した芳香族化合物です。 番号が付けられたすべての炭素原子には、それぞれに水素原子が結合しています。 これは、非極性有機溶媒に可溶な揮発性の白色固体です。 [2]ジベンゾフランは、コールタールの生産から作られます。 [XNUMX]


以下のPDF全体をダウンロードしてください


特集 記事

科学者は不活性ガスを活性化するアプローチを発見します

アルゴンのような不活性ガスは、通常、宇宙空間の氷のような寒さなどの極端な条件下を除いて、化学結合を形成しません。 国立科学アカデミーの議事録で共有されているように、科学者の国際チームは、室温でアルゴンさえも結合するガス状イオンを設計および生成するための画期的なアプローチを開発しました。 この驚くべき革新は、不活性な化合物や元素を活性化し、それらを新しい方法で使用する機会を生み出します。 科学者たちは、過去にアルゴンを結合しようとしたときに、正に帯電したイオンに依存していました。 彼らは、電子を共有するための親和性のために、これらのイオンを「求電子試薬」と見なしました。 新しいアプローチは、明らかに直感に反する考えを導入します。 特別な負に帯電したイオンは、超求電子試薬として機能します。 バインディングを見るこのユニークな方法は、根本的に新しい機会への扉を開きます。 ドイツのライプツィヒ大学、ヴッパータール大学、ブレーメン大学の科学者が、南アフリカの自由州立大学、ワシントン大学、パデュー大学、太平洋北西国立研究所、EMSL、環境分子科学研究所の同僚と合流しました。不可解な質問に答えるために。 どのような明確な状況下で、負に帯電したイオンをアルゴンと結合するのに十分な反応性にすることができますか? 彼らは、強い正に帯電した中心の周りの負に帯電した原子の足場は、非常に反応性が高く、反応性の高い正に帯電したイオンのみとは異なる結合特性を示す可能性があると理論付けました。 概念を検証するために、彼らはこれまでに調査された中で最も安定した二重に負に帯電した分子を合成しました。 それを精製すると、それの負に帯電した断片が室温でアルゴンと自発的に結合できることがさらに証明された。 EMSLの低温光電子分光装置を高レベルの計算研究と組み合わせて使用​​して、彼らはこの分子を非常に反応性が高く、構造的に安定していると特徴づけました。 この作業は、他の不活性化合物や元素の活性化につながる可能性があります。

http://phys.org

日本はCSCLの下で210の新しい化学物質を発表します

31年2019月2日、日本の経済産業省(METI)、環境省(MOE)、厚生労働省(MHLW)は、共同通知No.210を発表し、名前を発表しました。化学物質規制法(CSCL)に基づく1の新しい化学物質の番号およびMITI番号。 リリース後、これらの物質は新たに発表された化学物質(2011年2月XNUMX日以降に通知)と見なされ、CSCLの枠組みの下で一般化学物質として分類されます。 日本には、新しい化学物質の通知のためのXNUMXつのシステムがあります。XNUMXつはCSCLフレームワークの下にあり、もうXNUMXつは労働安全衛生法(ISHL)の対象です。 XNUMXつの通知システムの物質は別々に管理されており、確かに多くの重複があります。 ISHLに従って登録された新しい化学物質は、毎年XNUMX回(それぞれXNUMX月、XNUMX月、XNUMX月、XNUMX月)発行されます。 一方、CSCLに登録されているものは、年にXNUMX回だけ(通常は毎年XNUMX月に)公開されます。 詳細については、経済産業省、厚生労働省の共同通知第XNUMX号をご覧ください。

http://chemlinked.com/en/news

お問い合わせ