ECHAが新しい二酸化チタン分類ガイドを発行

ECHAが新しい二酸化チタン分類ガイドを発行

CLPの技術進歩(ATP)への2020番目の適応である委員会規則(EU)2017/14は、吸入によるカテゴリー2発がん物質としての特定の形態のTiO2の新しい調和分類を導入しました。 ATPは18年2020月9日にEUの公式ジャーナルに公開され、2020年1月2021日に発効し、XNUMX年XNUMX月XNUMX日から適用されます。

二酸化チタン(TiO2)の分類とラベル付けに関する新しいガイドラインは次のとおりです。

  • 二酸化チタンを含む混合物に補足ラベルを貼付します。「使用すると、呼吸に危険な粉塵が発生する可能性があります。 ほこりを吸い込まないでください」(EU212)。
  • 分類されていない固体混合物に、粒子サイズや形態に関係なく、少なくとも212%のTiO1が含まれている場合は、EUH2補足ラベル分類でラベル付けします。 
  • 発がん性物質2の分類を必要としない二酸化チタンを含む液体混合物。 ただし、これらの物質に空気力学的直径が1μm以下のTiO2粒子が少なくとも10%含まれている場合は、補足ラベルを付ける必要があります。「スプレーすると、呼吸に危険な液滴が形成される可能性があります。 スプレーやミストを吸い込まないでください」(EU211)。

新しい二酸化チタン含有物の詳細については、をクリックしてください 詳細を見る.

二酸化チタンの分類とラベリングに関する詳細な要約ガイドについては、をクリックしてください。 詳細を見る.

ガレリアについて
ケムウォッチは維持する ガレリアケミカ、化学規制の世界最大のデータベース。 当社の規制比較レポートは、バージョン間の規制の違いを強調し、すべての加入者に製品の成分の変更を通知します。 このサービスは、すべてのChemwatchサブスクリプションに含まれています。 お問い合わせ ケムウォッチ これらの通知にアクセスし、変化する規制環境を常に把握します。
Galleria Chemicaの詳細については、こちらをご覧ください。
現在Chemwatchのサブスクライバーでない場合は、現在、規制データベースへの従量課金制アクセスを提供しています。 無料トライアルはこちらをクリックしてください ゴーグル、ここでは、選択したXNUMXつの物質のすべての規制データにアクセスできます。

お問い合わせ