AuthorITe

//AuthorITe

authorite logo black 550px

(M)SDSの作成をグローバルに

クラウドで(M)SDSを作成。所要時間5分。化学物質数25万フレーズ数3万法規制数10万 47言語で対応!

各国(計80ヶ国)の規格を自動で(M)SDSに反映

(M)SDSツールの特徴:

  • 作成所要時間5分以内
  • 47言語に対応
  • 80ヶ国の法規制に準拠
  • 用途に応じて拡大縮小可能
  • カスタムメイド(書式、サイズ、レイアウト、スタイル)
  • データ保護機能

Chemwatchによる(M)SDS作成数= 5,000件/月(AuthorITe使用)

(M)SDSを「リアルタイム」でクライアントにお届け

AuthorITeは、統合可能なシステムとスムーズにリンク。AuthorITeで作成した(M)SDSをOutbackを通して瞬時にクライアントに配布。

本サービスに関するご相談

パワフルなお役立ちツール

AuthorITeの特徴:
  • 詳細に分類された25万種類以上化学物質データ
  • 25,000フレーズ以上を収納したライブラリ。47言語対応。
  • Galleria Chemica法規制データベースとのリンク(リアルタイム)
  • ECHAに提出された350万の通知データから、C&Lインベントリで最も普及している分類法をクエリー
  • REACH使用。エンジンにECHAデスクリプタシステムを搭載
  • 毒性・刺激性データの算出。GHS /CLP規則を基準に自動で分類および毒性乗率を算出。
  • ECHA書類データを全て用意。 最新の分類法を反映。
  • 保護マスク、保護手袋の種類を自動計算
  • 危険物・国連番号予測アルゴリズム
  • 規則の改正・修正を反映する自動更新機能
  • 年中無休24時間体制緊急時応答オプションサービス。150言語対応。

AuthorITeはERPシステムと統合可能!

本サービスに関するご相談

 

AuthorITe ソリューション

Chemwatchデータベースには70万種類の物質情報が含まれており、物質および混合物は、全てこのデータベースを基に分類されています。データベースは、EU附属書Annex I/VI、日本GHS(NITE)、韓国GHS(NEIR)、ニュージーランドCCID、C&Lインベントリ、ECHA登録書類、QSAR、読み取り法(Read-across)などの分類法を基準に構築されています。ユーザーは、自分に適した分類法を選択することができます。物質は全てオーサリングツール(無料)を通して自動で(M)SDSとリンク付けされます。オーサリングツールは、修士卒・博士卒の科学研究者からなるChemwatchのテクニカルチームが設計したものであり、10万種類以上のエキスパート(専門家)ルールで構成されています。全ての書式(GHS、REACh、中国、日本、韓国など)に対応しており、約50言語で作成可能です。各言語に付き、30,000個以上のフレーズ(危険物用語)が収納されています。フレーズは全て労働安全衛生を専門とするネイティブスピーカーによって翻訳されています。Chemwatchの情報システムは、監査証跡ツールを搭載しています。
Chemwatchは、化学物質法規制に関する世界最大のデータベース(80を超える国々、化学物質数70万、化学族数7千、それらを示す4千以上の詳細な一覧表)を開発・保持しているといっても過言ではありません。データは全てクラウド上で稼動しており、WebサービスAPIを通してERPシステム、レポート、その法規制ツールに反映することができます。現在、データ数は12GB(一番のライバル会社が保有するデータ量の約4倍)を超えており、これらは毎日更新されています。 Chemwatchの法規制管理チーム(20名)は、ビデオ、オーディオ、ライブチャットを通してご相談を受け付けています(営業時間内のみ)。
Chemwatchは、 (M)SDS配布サービスを様々な国のクライアントに提供しています。クライアントの中には、世界最大の化学品製造メーカーおよび流通業者も含まれます。危険物に関する国際規制が過去20年の間で変化を遂げる中、サービスの内容もそれらに準拠したものへと転化してきました。クライアントが「次の変化」に円滑に対応できるよう、Chemwatchは常に情報を監視しています。クラウドベースのシステムにより、(M)SDSを指定の機関・組織・個人に配布することができます。「受領証明」サービスも含まれています。関係者には、自動で進捗データが送信される仕組みになっています。
Chemwatchデータアクセス・ウェブサービスは、既存のERPおよび企業のシステムをChemwatchの化学物質データおよびドキュメントと統合するサービスです。強力な検索APIを使用しているので、外部システムからのアクセスも可能です。統合できるデータの中には、7,000種類の化学族に区分けされた化学物質データ70万個強、80ヶ国データ(4,000以上の規則リストデータ)が含まれます。
パープルブック(改訂版も含む)に記載されている条件は、システム全体に反映されています。全ての国と地域に対応した(M)SDS書式・構成要素をご用意しています。「内蔵エンジン」が、物質・混合物の分類規則の内容を自動表示し、国・地域によって規制が異なる場合はレポートに記載されます。
全ソリューション表示

AuthorITe 特徴

変更前と後の(M)SDSを簡単に比較 本ツールは、Chemwatchが自信を持って提供する(M)SDS比較ツールです。Chemwatch独特のこのサービスは、AuthorITeを用いてどんな(M)SDSも比較することができます。 操作は簡単です。比較したい(M)SDSを選択し送信すると、二つの(M)SDSの違いが強調表示(ハイライト)され、削除箇所には取り消し線が施されます。本ツールを使用することで、変更前と変更後の(M)SDSを簡単に確認することができます。また、AuthorITeで作成された(M)SDSであれば、法規制の変更も確認することが可能です。
24時間体制の緊急時対応サービス。150言語に対応。 各化学品(物質・混合物)に対し、火災、漏洩、応急処置、医療・職業・家庭内被ばくに関する詳細な情報を明記しています。化学品によっては、数ページに及ぶものもあります。 火災・漏洩・医療・法規制に精通したスタッフが、24時間体制で緊急時応答サービスを受け付けています。150以上の言語に対応しています。
20万以上の分子構造画像 36万種を超える純物質の分子構造がChemeritusデータに収納されています。プラグインは必要ありません。
豊富な知識Chemwatchライブラリは、世界最大の化学物質データ数を誇っています。15万種類以上の化学物質を徹底的に調べ上げ特徴づけしました。各物質に対し、SDS(約50言語)、動物・環境毒性、緊急時の対応、安全な取り扱い手順を表記しています。
機密保持と法規制の遵守 AuthorITeに含まれる成分自動整理機能は、最終的な混合物の分類を計算し、分類に寄与しない成分を全て非表示にします。 操作は簡単です。整理表示(成分非表示)画面で自動を選択するだけで成分が自動整理されます。手動で無効にすることもできます。
ライブラリを使用して純化学物質および混合物(M)SDSをカスタムメイド システムには、20万種以上の純化学物質データが収納されています。200エンドポイントを自由に変更してユーザーオリジナルの純化学物質(M)SDS を数分以内で作成することができます。AuthorITeのテンプレートを使用することも可能です。
(M)SDS作成のための強力なソフトウェア REACH、GHS、CLP、KOSHA(韓国)を含む多くの規制・規則に対応しています。法規制および輸送に関する全データを統合しました。ライブラリデータには、20万種類を超える純化学物質情報が含まれています。 用語(フレーズ)数は35,000個を超えます。47言語ご用意しています。
全機能表示