GoldFFX

 

GOLD FFX Logo 500px

(M)SDS・化学物質管理ソリューション

経験と専門家150名の知識を集結したツール

化学物質管理GoldFFX

GoldFFXに含まれるBackpack以外の機能:

  • ゴールド(M)SDS – Chemwatchの専門家によるレビュー(47言語)
  • 簡易版(M)SDS – 1ページの有害性要約(47言語)
  • 先進リスクアセスメントツール
  • D-Gen – ラベルテンプレート、ラベルデザインツール
  • 混合物分類ツール
  • 緊急対応に関する情報(47言語)
  • 化学物質インベントリツール
  • 充実したレポート作成ツール(XLS、CSV、XML、HTML、PDF)

 

47言語に対応

80ヶ国以上の現地法規制・標準規格に対応。徹底したコンプライアンスをお約束。

world

GOLDの特徴

GoldFFXに含まれるゴールド(M)SDS以外の機能:
  • 簡易版(M)SDS – 1ページの有害性要約(カラーコード付き)
  • 1ページのリスクアセスメントレポート
  • 「医師へのアドバイス」概要
  • 応急処置の要約
  • 漏洩・廃棄に関するレポート
  • 豊富なラベルテンプレート(サイズ、形、デザイン)
本サービスに関するご相談

GoldFFXは、モバイルソリューション SmartSUITEにも対応

Android、Apple端末から化学品インベントリ、 (M)SDS、有害性・リスクアセスメントにアクセス。位置情報のタグ付け機能あり!

iphone smart suite

GoldFFX ソリューション

オンライン承認ツールは、化学物質を購入する前に各成分を懸念物質(300種類以上)と照合し、標準作業手順書(SOP)、毒性・生態毒性レポート、工学的制御・PPE(個人用防護具)レポート、用途文書(ECHA)を作成します。また、搭載されているコントロールバンディングモデルを利用してリスクアセスメントを実行することもできます。ユーザーの専門知識は問いません。どなたが実行しても同じ結果が算出されます。ワークフロー・エンジンの承認システムを適切に設定することで、企業の組織構造に相応しい承認プロセスを形成することができます。ツールを割り当てられた関係者は、次の承認者に文書(レポートやフォーム)を送信する前に、それら文書に書き込みをすることができます。Eメールによる警告システムを利用することで、新規依頼や注意が必要な既存依頼に関して、関係者に警告を与えることができます。
化学薬品に関わる作業のその多くは、オフィスではなく現場で生じていることをChemwatchは理解しています。Apple iOS、Android OS搭載のスマートホンまたはタブレットであれば、(M) SDS、在庫管理・トラッキング、有害性評価・リスクアセスメントを遠隔で管理することが可能です。オフィスの営業時間に関わらず、いつでも化学物質の有害性およびリスクを評価できるシステムは、これまでに多くの従業員、健康・安全管理者、緊急時対応者、その他化学物質に直接関わる仕事を行う作業員をサポートしてきました。タグ付け機能により、特定の位置にある化学物質を全て自動検出することができます。また、アクセス源(スマートホン、ノートパソコン、デスクパソコン、ERPシステム)に関わらず、システム上実行された操作(新しい化学物質の追加など)は全てクラウドと同期し、瞬時にシステムに反映されます。
弊社のサービス、製品、ソリューションは、化学者・毒物学者・衛生学者・法律専門家・医師から成る約300名の専門スタッフの努力専門知識の賜物です。各専門家が、それぞれの知恵を絞りシステム上必要なモジュール、計算、レポート作成作業に努めています。有害性を理解し、リスクを評価すること―これが弊社の目的です。Chemwatchは単なるIT会社ではありません。常に最新の技術へと昇華し、速くて正確、且つ安定あるソフトウェアを提供し続けます。
システム上存在する化学品(物質および混合物)すべてに対して緊急時応答文書が発行されます。文書には、火災・漏洩・応急処置・医療従事者のばく露・作業員ばく露・家庭内ばく露に関するアドバイスが詳細に記載されています。化学品の中には、数ページに渡るものもあります。年中無休24時間体制の緊急時対応サービスは、火災・漏洩・医学・法規制に精通したスタッフで構成されており、150以上の言語に対応しています。数百社におよぶ世界各国の企業が、本サービスを支持しています。
パープルブック(改訂版も含む)に記載されている条件は、システム全体に反映されています。全ての国と地域に対応した(M)SDS書式・構成要素をご用意しています。「内蔵エンジン」が、物質・混合物の分類規則の内容を自動表示し、国・地域によって規制が異なる場合はレポートに記載されます。
使いやすさを実感していただくためにアセットと化学物質管理システムを結合しました。化学品ストレージとトラッキングには複数ノード (ツリー構造)を使用しています。化学品をデータベース(データ数2,000万件)からノードにドラッグアンドドロップすることができます。データは自動で記録され、全ての国と地域に適したプラカードが自動で発行されます。化学品は全て各々の危険有害性クラスにリンク付けされます。およそ100種類(分類、汚染カテゴリ、健康監視の必要性、高リスク化学物質)の変数に対し、フィルタリングを実行することが可能です。混合物はノードの位置を問わず「成分別(成分量)」にリスト化されます。設定書式に従い、規則レポート(Sara Tier II、NPT、PTRI、NPI)が自動作成されます。
2,000万件を超えるベンダー(M)SDSライブラリは、20年という長い歳月をかけて構築されました。(M)SDS管理に関わる全ての作業を請け負う―これがChemwatchの本質的な業務です。クライアントが関心を持つ(M)SDSを調達し、様々なモジュールで使用できるよう重要データを抽出します。(M)SDSに変更があった場合、メール通知が送信されます。システムが古い(M)SDSと新しい(M)SDSを比較し、変更・修正が加えられた箇所を赤でハイライト表示します―Chemwatch独特のサービスです。
全ソリューション表示

GoldFFX 特徴

多言語ユーザーインターフェイス 47言語、ユーザー設定。
健康監視が求められる化学物質の検出 健康監視フィルタは、判定基準と一致する物質・成分を洗い出します。モニタリングの種類に関する詳細な情報が表示されます。健康監視が必要な成分またはその成分を含む製品を全てワンクリックで表示することが可能です。
生物学的モニタリングフィルタ 生物学的モニタリングフィルタは、判定基準と一致する物質・成分を洗い出します。各成分に対し、モニタリングの時間と生物学的曝露指標(BEI)が表示されます。
標準ラベルテンプレート40枚をご用意 Chemwatchの法規制専門チームとデザイン専門チームの共同作業により、40枚を超える標準ラベルテンプレートが出来上がりました。多くの国・地域に対応した仕上がりとなっていますが、手を加えオリジナルのテンプレートを作ることも可能です。
プラカード(標識)の基準を自動計算 Chemwatchアプリケーションは、貯蔵場所・貯蔵施設・保管庫・保管キャビネットに貼付するためのプラカード(標識)基準を自動算出します。 国・地域の法規制に合わせ基準は事前設定されていますが、抽出条件は基準を変更することも可能です。
貯蔵物明細書(マニフェスト)の自動作成 Chemwatchアプリケーションを用いてマニフェストを自動で作成することができます。初期設定で定められている容積・重量は、管理者が上限を変更することが可能です。 レポート作成機能と併用することで、書類作成が一段と楽になります。
フォームの作成およびデータベースのカスタム化 フォームビルダは、データベースをカスタム化できる強力なツールです。データポイントを作成し、化学製品、フォルダ/位置、個人などと関連付けさせることができます。 関連するデータベース(コレスポンデンスデータ)のフィールドは自動で作成されます。これらのフィールドは、手動でも作成可能です。また、フォームを使用して文書を添付したり、個人/グループ/位置を割り当ることもできます。
全機能表示