Chemwatchデータベースには70万種類の物質情報が含まれており、物質および混合物は、全てこのデータベースを基に分類されています。

データベースは、EU附属書Annex I/VI、日本GHS(NITE)、韓国GHS(NEIR)、ニュージーランドCCID、C&Lインベントリ、ECHA登録書類、QSAR、読み取り法(Read-across)などの分類法を基準に構築されています。ユーザーは、自分に適した分類法を選択することができます。物質は全てオーサリングツール(無料)を通して自動で(M)SDSとリンク付けされます。オーサリングツールは、修士卒・博士卒の科学研究者からなるChemwatchのテクニカルチームが設計したものであり、10万種類以上のエキスパート(専門家)ルールで構成されています。全ての書式(GHS、REACh、中国、日本、韓国など)に対応しており、約50言語で作成可能です。各言語に付き、30,000個以上のフレーズ(危険物用語)が収納されています。フレーズは全て労働安全衛生を専門とするネイティブスピーカーによって翻訳されています。

Chemwatchの情報システムは、監査証跡ツールを搭載しています。

製品

D-Gen
Chemeritus
AuthorITe
全製品表示

メディア